【メンズ骨格診断】骨格Hライン(ウェーブ)の特徴と似合うファッションスタイル【男性向け】

画像

こんにちは!国際カラープロフェッショナル協会の樋󠄀口かれんです。

男性向け骨格診断セルフチェックの結果はいかがでしたか?

セルフチェックでは、一般的な3つの骨格タイプである「ストレートタイプ(≒Mライン・筋肉質型)」「ウェーブタイプ(≒Hライン・スレンダー型)」「ナチュラルタイプ(≒Yライン・逆三角形型)」の中で、ご自身がどのタイプに該当するのかがわかります。まだの方は是非こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

ちなみに、筆者の属する国際カラープロフェッショナル協会は「ラインアナリシス(体型分析)」として7タイプを提唱しています。

Sライン(理想型)/Oライン(楕円型)/Qライン(三角形型)/Uライン(普通型)/Yライン(逆三角形型)/Hライン(スレンダー型)/Mライン(筋肉質型)

この記事では、Hライン(ウェーブ)といわれるタイプにフォーカスして、その特徴と似合うファッションスタイルについて解説していきます。

シキサイさん

着こなしのポイントもしっかりお伝えします!

Index

Hライン(ウェーブ)の特徴

スタイリッシュで身体のラインが柔らかいHライン(ウェーブ)タイプ。

他にも下記のような特徴が見られます。

  • 首がやや長め
  • 鎖骨や肩甲骨は小さく目立つ
  • 上半身は薄く、筋肉がつきにくい
  • 手首は細く、断面が楕円形をしている
  • 腰位置が低めで下重心
  • 太ると下半身に脂肪がつきやすい
  • 肌は薄く、ソフトな質感

このような特徴から、オーバーサイズの服を着るとだらしなく見えてしまいます。また、胸元が大きく開いたVネックのTシャツは寂しい印象を与えてしまいます。

イロドリさん

シンプルな着こなしに物足りなさを感じた経験はありませんか?

シキサイさん

次は、そんなHライン(ウェーブ)タイプの悩みを解決するスタイリングの方法をお教えします!

スタイルアップのコツ

Hライン(ウェーブ)タイプのスタイルアップはとっても簡単。次の3つのポイントをおさえて、より洗練されたスタイルを手に入れましょう!

  1. 全体のボリューム感
  2. 洋服のサイズ感
  3. 生地の素材感
イロドリさん

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきますね。

1つ目のポイントは全体のボリューム感です。スレンダーなHライン(ウェーブ)タイプは、「足し算」で身体に立体感を出すことがポイント。重ね着やストールなどの小物を使って、華奢な骨格に程よく厚みをプラスしましょう。単に盛ればいいという訳ではなく、立体的なボディに近づけるために”足りない部分を補う”というイメージです。上半身を盛って重心のバランスを取ることを意識してみてください。

2つ目のポイントは洋服のサイズ感です。ゆったりした服だと、服に着られた感が出る上に、だらしない印象を与えてしまいます。スタイルアップのコツは、程よく身体にフィットするサイズを選ぶこと。もしオーバーサイズの服を着るなら、手首や足首を見せてすっきり感を出すと良いでしょう。また、着丈や袖丈はジャストよりも短めが◎。できるだけ重心を上げる工夫をしましょう。

3つ目のポイントは生地の素材感です。Hライン(ウェーブ)タイプの華奢なボディに馴染む素材は、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維や柔らかい素材。表面の質感はなめらかなものがソフトな肌質とマッチします。麻やスムースレザーなどの硬くてハリのある素材を身に付けると、見た目が重くなり華奢さが強調されてしまいます。そのためスタイリングの際は、体の特徴を生かす薄手で柔らかい素材を選びましょう。

シキサイさん

要は、全体をコンパクト&ソフトにまとめて、トップスにポイントをもってくればいいということですね!

似合うファッションアイテム

続いて、得意なファッションアイテムについてご紹介します。Hライン(ウェーブ)タイプは下記のようなアイテムがよくお似合いになります。

(例)

  • ショート丈のブルゾン(フード付き)
  • パーカー(フード付き)
  • 浅いVネックやUネックのトップス
  • ハイネックやタートルネックのセーター
  • スリムフィットシャツ
  • ハイウエストの細身パンツ
  • スキニー、テーパード など
イロドリさん

サイズ感と生地の素材感に気をつければ、Hライン(ウェーブ)タイプの魅力がより引き立ちますね。

苦手なファッションアイテム

厚手のものや、ダボっとしたもの、重心が下がって見えるものは出来る限り避けた方が無難です。

(例)

  • トレンチコート
  • レザージャケット
  • 深いVネックやUネックのトップス
  • オーバーサイズのシャツやパーカー
  • ローゲージニット
  • ルーズパンツ など

まとめ

以上、Hライン(ウェーブ)タイプの特徴とスタイリングのポイント、得意・苦手なファッションについて解説しました。

スタイリングの3つのポイント

  1. 上半身のボリュームUPを意識し、全体をコンパクトにまとめること
  2. サイズはスリムフィット、着丈は短めを選ぶこと
  3. 生地の素材感は薄手で柔らかいものを選ぶこと

以上の3点をおさえて、ビジネスやプライベートにご活用ください!

シキサイさん

スタイルアップのコツはつかんでいただけましたか?

イロドリさん

次回は骨格Yライン(ナチュラル)の特徴と似合うファッションスタイルをご紹介します。お楽しみに!

国際カラープロフェッショナル協会のサロン部門Imagination Colors®のメンズ向け診断メニューはこちら

パーソナルカラー診断を含めたメンズトータルコンサルティング

メンズスタイリストとして学びたい方はこちら

国際カラープロフェッショナル協会のスクール部門Imagination Colors®メンズスタイリストプロ養成コース

骨格診断について学びたい方はこちら

骨格診断αイメージコンサルタント®プロ養成コース(骨格&顔型パーツ診断™が同時に学べるコース)

画像
画像
画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share This♡

記事を書いたライター

Colory[カラリー]の記事執筆を担当。

国際カラープロフェッショナル協会所属。
カラーサロン&スクールFASCINANTE(ファシナンテ)代表。
2019年、国際カラープロフェッショナル協会にて15分類進化型パーソナルカラーアナリスト®、骨格診断αイメージコンサルタント®を含む4つの資格を取得。

日本・世界に向け色の魅力を発信し、人々の人生を豊かに彩ることを目的にイメージコンサルティング事業を開始。

イエベ・ブルべ・ニュートラルについて♥樋口かれんのYoutubeチャンネル

Index
閉じる