【メンズ骨格診断】骨格Mライン(ストレート)の特徴と似合うファッションスタイル【男性向け】

画像

こんにちは!国際カラープロフェッショナル協会の樋󠄀口かれんです。

前回の記事でご紹介しました、男性向け骨格診断セルフチェックはもうお済みでしょうか?

筆者の属する国際カラープロフェッショナル協会では、「ラインアナリシス(体型分析)」として7タイプを提唱しているとお伝えしました。

Sライン(理想型)/Oライン(楕円型)/Qライン(三角形型)/Uライン(普通型)/Yライン(逆三角形型)/Hライン(スレンダー型)/Mライン(筋肉質型)

セルフチェックでは、より一般的な3つの骨格タイプである

「ストレートタイプ(≒Mライン・筋肉質型)」
「ウェーブタイプ(≒Hライン・スレンダー型)」
「ナチュラルタイプ(≒Yライン・逆三角形型)」の中で、

ご自身がどのタイプに該当するのかが簡単にわかります。まだの方は是非チェックしてみてくださいね。

この記事では、骨格Mライン(ストレート)タイプの特徴と、似合うファッションスタイルについて解説したいと思います。

Index

Mライン(ストレート)の特徴

筋肉質で身体に厚みがあり、お肌にハリがあるMライン(ストレート)タイプ。

他にも下記のような特徴が見られます。

  • 首がやや短め
  • 鎖骨や肩甲骨があまり目立たない
  • 太ると上半身に脂肪がつく
  • 手首は厚みがあり、断面が丸い形をしている
  • 手指がやや短め
  • ヒップの位置が高めで上重心
  • 太ももはハリがあり、膝下は細くスッキリしている

このような特徴から、ハイネックのトップスを着ると首が詰まって苦しそうに見えたり、オーバーサイズの服を着ると着太りして見えたりします。

シキサイさん

トレンドの服がイマイチしっくりこない、なんて経験もありませんか?

イロドリさん

次は、そんなMライン(ストレート)タイプが持ちやすい悩みを解決する、スタイルアップのコツをお伝えします!

スタイルアップのコツ

骨格Mライン(ストレート)タイプのスタイルアップはとっても簡単。

アイテム選びやスタイリングの際は、次の3つのポイントを意識するだけで良いのです。

  1. 全体のボリューム感
  2. 洋服のサイズ感
  3. 生地の素材感
イロドリさん

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきますね。

1つ目のポイントは、「全体のボリューム感」です。
繰り返しますが、Mライン(ストレート)タイプは身体に十分厚みがあります。
そのため、これ以上「盛る」必要がありません。
オススメなのは、縦長効果でスッキリ見えるシンプルな着こなし。
全体のシルエットは、Iライン(縦長のベーシックなシルエット)でスッキリまとめましょう。
そして、コーディネートは余計なものを足さない方がより洗練された印象を与えます。
程よく開きのあるネックラインのトップスを選べばなお良し。お顔周りにゆとりができます。

2つ目のポイントは「洋服のサイズ感」です。
サイズ感はフィットしすぎても、ゆるすぎてもダメ。
ぴったりフィットの服は体の肉感を拾ってしまいます。
一方でオーバーサイズの服は体のボリュームが強調されてしまいます。
つまり、ジャストサイズがスタイルアップのコツ。
袖丈や着丈についても同じことが言えます。
腰位置が比較的高いメリハリボディのMライン(ストレート)タイプは、重心のバランスを必要以上に上げたり下げたりする必要はありません。

3つ目のポイントは「生地の素材感」です。
上質でハリのある素材が、Mライン(ストレート)タイプの魅力を引き立てます。
光沢感がある素材なら、お肌の質感ともマッチするでしょう。
また、生地の厚みも重要です。
薄すぎず厚すぎない、中くらいの厚さ(中厚地)を選びましょう。
薄く柔らかい生地は筋肉を必要以上に強調し、厚手のものは着太りしてしまうためです。

シキサイさん

要は、プレーンでスタンダードなものを選べばいいということですね!

似合うファッションアイテム

続いて、「得意なファッションアイテム」についてご紹介します。

Mライン(ストレート)タイプは下記のようなアイテムがよくお似合いになります。

(例)

  • Vネック、Uネックなど襟元がほどよく開いたトップス
  • ハイゲージのニット
  • スーツ地のセットアップ
  • ストレートのスラックス
  • ストレートのジーンズ
  • ハーフパンツ
  • 装飾を省いたプレーンなアイテム
シキサイさん

洋服のサイズ感と生地の素材感を意識して、これらのアイテムを選べばばっちりですね!

苦手なファッションアイテム

スッキリ見えないものや、
バランスが悪く見えるもの、
体の肉感を必要以上に強調するものは、出来る限り避けた方が無難です。

(例)

  • ネックラインが詰まったパーカ
  • ローゲージのニット
  • スキニーデニム
  • 装飾性が高いもの
  • オーバーサイズのもの
  • 透け感のある薄手のものや柔らかいもの
  • 伸縮性のあるもの

まとめ

以上、Mライン(ストレート)タイプの特徴とスタイリングのポイント、得意・苦手なファッションについて解説しました。

スタイリングの3つのポイント

  1. 縦長効果を意識し、全体をシンプルにまとめること
  2. サイズや着丈はジャストサイズを選ぶこと
  3. 生地の素材感は上質でハリのあるものを選ぶこと

を覚えて、ビジネスやプライベートにご活用ください!

シキサイさん

スタイルアップのコツはつかんでいただけましたか?

イロドリさん

次回は骨格Hライン(ウェーブ)の特徴と似合うファッションスタイルをご紹介します。お楽しみに!

国際カラープロフェッショナル協会のサロン部門Imagination Colors®のメンズ向け診断メニューはこちら

パーソナルカラー診断を含めたメンズトータルコンサルティング

メンズスタイリストとして学びたい方はこちら

国際カラープロフェッショナル協会のスクール部門Imagination Colors®メンズスタイリストプロ養成コース

骨格診断について学びたい方はこちら

骨格診断αイメージコンサルタント®プロ養成コース(骨格&顔型パーツ診断™が同時に学べるコース)

画像
画像
画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share This♡

記事を書いたライター

Colory[カラリー]の記事執筆を担当。

国際カラープロフェッショナル協会所属。
カラーサロン&スクールFASCINANTE(ファシナンテ)代表。
2019年、国際カラープロフェッショナル協会にて15分類進化型パーソナルカラーアナリスト®、骨格診断αイメージコンサルタント®を含む4つの資格を取得。

日本・世界に向け色の魅力を発信し、人々の人生を豊かに彩ることを目的にイメージコンサルティング事業を開始。

イエベ・ブルべ・ニュートラルについて♥樋口かれんのYoutubeチャンネル

Index
閉じる