骨格診断7タイプとは?3タイプとの違いや特徴について紹介【アルファベットライン】

画像

こんにちは!

国際カラープロフェッショナル協会のAyanaです。

今回のテーマは「骨格診断」についてです。

シキサイさん

骨格診断って聞いたことはあるけど・・・実はよくわからないんだよね。

イロドリさん

ざっくり言うと、「スタイルアップの着こなし術」のことだよ!

この記事では、従来の骨格診断はじめ、国際カラープロフェッショナル協会が提唱している「骨格診断7タイプ™」についてより詳しく説明します。

是非、毎日のファッションコーディネートの参考にしてみてくださいね。

Index

そもそも骨格診断とは

骨格診断とは、一人ひとりが生まれ持った身体のラインや質感の特徴から、最もスタイルが綺麗に見える着こなしや素材、シルエットを導き出す診断です。

主に筋肉・脂肪のつき方や骨感をチェックしていき、その人に似合うスタイリングを提案していきます。

このシルエットの服を着ると、スタイルが良く見えて周りからも「素敵!」と褒められた。

ウエストマークする場合、ハイウエストの方が足が長く見えるね!と言われた。

そんな経験はありませんか?

骨格診断は、あなたの魅力を最大限に引き出し、より美しくいきいきと見せるお手伝いをしてくれます。

イロドリさん

体型をきちんと把握することで、ファッションが今まで以上に楽しくなりますよ!

骨格診断7タイプとは

骨格診断7タイプのメリットと特徴について

「骨格診断7タイプ」とは、 その人が生まれ持った身体のラインや質感の特徴を、アルファベットに例えて7タイプに分類した診断方法です。タイプとしては以下の7つに分けられます。

  1. Sライン(理想型)≒ストレート
  2. Mライン(筋肉質型) ≒ストレート
  3. Oライン(楕円型)≒ストレート
  4. Hライン(痩せ型)≒ウェーブ
  5. Qライン(三角形型)≒ウェーブ
  6. Yライン(逆三角形型)≒ナチュラル
  7. Wライン(長方形型) ≒ナチュラル
アルファベットライン骨格診断7タイプ

この「骨格診断7タイプ」のベースになっているのは、従来の「骨格診断3タイプ」です。

イロドリさん

ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3タイプに分ける診断方法だよ。

シキサイさん

それって雑誌で見たことがある!

スクールやサロンなどによって様々な分類方法がありますが、多くがこの3タイプの考え方をベースとしています。

国際カラープロフェッショナル協会では、3タイプをベースにした「骨格診断7タイプ™」を提唱しています。

骨格診断7タイプ™のメリット

7タイプの骨格診断の一番のメリットは、

自分に似合うファッションスタイルがより詳しくわかる

ということ。

イロドリさん

従来の骨格診断3タイプとの違いは、タイプを細かく分類している点です。

人のスタイルはそれぞれ十人十色。3タイプだけでは、自分の骨格タイプにはまり切らないことも多くあります。また、提案されたスタイルがしっくり来ないと感じることもあるのではないでしょうか。

骨格診断7タイプ™では、より詳細に自分の骨格タイプを把握できるので、似合うスタイルやコーディネートを見つけやすくなりますよ♡

骨格診断7タイプ™の特徴

イロドリさん

ここでは、骨格診断7タイプそれぞれの特徴を説明していくね♪

TYPE
Sライン(理想型)

特徴全身が曲線的で、ウエストがしっかりくびれている

診断基準骨格ストレートであり、ウエストがくびれている

TYPE
Mライン(筋肉質型)

特徴筋肉がつきやすく、立体的でグラマラス

診断基準一般的な骨格ストレートの特徴に当てはまる

TYPE
Oライン(楕円型)

特徴上半身がぽっちゃりしたリンゴ型

診断基準骨格ストレートであり、お腹周りに脂肪がある

TYPE
Hライン(痩せ型)

特徴平面的で、下半身に重心が寄っている

診断基準 :一般的な骨格ウェーブの特徴に当てはまる

TYPE
Qライン(三角形型)

特徴下半身がぽっちゃりした洋ナシ型

診断基準 下半身を中心に脂肪がついている

TYPE
Yライン(逆三角形型)

特徴肩幅が広く、フレーム感のある骨格

診断基準一般的な骨格ナチュラルの特徴に当てはまる

TYPE
Wライン(長方形型)

特徴全身に脂肪があり、がっしりしている

診断基準上半身・下半身に偏りなく脂肪がついている

各タイプに似合うスタイル

TYPE
Sライン(理想型)

スタイルアップ法:基本的にどんなスタイルもOK

似合う素材:滑らかでハリのある素材

コーディネート例:ジャストサイズのアイテムが◎。基本何でも着こなせる

TYPE
Mライン(筋肉質型)

スタイルアップ法: Iラインに寄せる

似合う素材:滑らかでハリのある素材 厚みがあり高級感のある素材

コーディネート例:首回りが広め/深めのトップス、ストレートパンツ、ジャストサイズのシンプルなアイテム

TYPE
Oライン(楕円型)

スタイルアップ法: Iラインに寄せる

似合う素材:厚みと高級感のある素材

コーディネート例:首回りが広め/深めのトップス、ストレートパンツ、ジャストサイズのシンプルなアイテム

TYPE
Hライン(痩せ型)

スタイルアップ法:重心を上半身に持ってくる

似合う素材:やわらかくソフトな素材

コーディネート例:ショート丈/タイトなトップス、ハイウエスト・丈が短めのボトムス、スカート全般

TYPE
Qライン(三角形型)

スタイルアップ法:上半身にボリュームを持たせ、足首は見せる

似合う素材:ふんわりと柔らかい素材

コーディネート例 :フリルブラウス、 膝下〜ロング丈の スカート、ウエストマーク/ハイウエストのスカート・ワイド/テーパードパンツ

TYPE
Yライン(逆三角形型)

スタイルアップ法:体のラインを拾いにくいゆったりめのサイズをチョイスする

似合う素材:ナチュラルでざっくりとした素材

コーディネート例:着丈が長めのトップス、ざっくりとしたニット、ワイドパンツ、ボリューム感のあるロングフレアスカート

TYPE
Wライン(長方形型)

スタイルアップ法:体のラインを拾いにくいゆったりめのサイズをチョイスする

似合う素材:ナチュラルで厚め、しっかりとした素材

コーディネート例 :オーバーサイズのトップス、膝下〜ロング丈のフレアスカート、フルレングスのワイドパンツ

まとめ

イロドリさん

いかがでしたか?

シキサイさん

自分が何タイプかわからない!という方は、まずは自己診断から始めてみましょう♪

従来の診断より細分化された骨格診断7タイプ。ご自身に似合うコーディネートを見つけ出して、より魅力的に輝いてくださいね。

骨格診断7タイプ™について詳しく学びたい方はこちら
⇒骨格診断だけでなく、顔型パーツ診断®も同時に学べる魅力コース!

国際カラープロフェッショナル協会の骨格診断αイメージコンサルタント®プロ養成コース

実際に骨格診断を受けたい方はこちら

国際カラープロフェッショナル協会サロン部門「Imagination Colors」の骨格診断メニュー

更に各タイプの詳しい内容については以下の記事をご覧ください。

画像
画像
画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share This♡

記事を書いたライター

国際カラープロフェッショナル協会(ICPA)所属。
Salon de Avril(サロンドアヴリル)代表。

ICPAにて
15分類進化型パーソナルカラーアナリスト®及び、
骨格診断αイメージコンサルタント®の資格取得。
一児の母でもある。

イエベ・ブルべ・ニュートラルについて♥樋口かれんのYoutubeチャンネル

Index
閉じる